仲間や同僚にお礼を言う - 受身形を使うとより礼儀正しくなるの? (Are
Passive Sentences More Polite?)


受身形の表現は普通の表現よりも礼儀正しい、なんて思っていませんか?
実際には、受身形を使うこととより礼儀正しく表現することの間には何の関係もありません。(“礼儀正しい”ということと“フォーマル”であるということを混同しないで!)ですから、本当に必要な場合を除いては、受身形の使用は避けたほうが賢明でしょう。
礼儀正しさは別として、受身の文は確かに普通の文よりも相手にかしこまった印象を与えます。誰かにお礼を言うときなどはそのよい例です。次の2つの英文を比べてみてください。

 1. Your support is appreciated. (受身)
 2. I appreciate your support. (能動)

受身での表現は冷たく硬い感じがしますよね。誰が感謝しているのかもはっきり伝えていません。一方、能動態で表現した文では、“どこかの誰かさん”ではなく、感謝しているのは“あなた”であることを相手にはっきりと伝えています。ここでは誰かにお礼を述べているわけですから、よりパーソナルで心のこもった表現を使うのがいいでしょう。あなたは上の2つの英文の“あたたかさ”の違いを感じとることができますか?
上のケースでは確かに能動態を使ったほうがよいのですが、2番目の能動態の表現でもまだどこか硬くビジネスライクな感があります。Thanks for your help は、カジュアルなEメールなどで友人に感謝を伝えるときによく使う人間味があって感じのいい表現です。I appreciate your help とすれば、よりフォーマルで誠意が感じられる表現となります。

Thanks for reading. (読んでくれて有難う)

blocks_image
1005 We Will Bldg. 4-11-2 Hatchobori Chuo-ku Tokyo - Tokyo Metro Hibiya line and JR Keio line Hachobori station exit A2 (< 1 minute)

© 2008 - 2010 Conor & Co. Contact Me